Q

JPEGかTIFFを使ったほうが良いですか?


A

JPEGは「非可逆圧縮」形式のファイルであり、 TIFFなどの「可逆圧縮」形式のファイルよりもより小さく保存できます。しかしながら、ファイルを小さくすることは画像の質にも影響します。

JPEGファイルで保存する際に、「品質」を選択できるスライダーが現れます。品質を低くすると画像の一部の情報が失われ荒くなりますが、ファイルサイズを小さくすることができます。JPEGファイル形式は目ではよく確認できない部分の情報を捨てるので、高品質のJPEGと比べてもはっきりと違いがわからないかもしれません。

たとえ最高品質に設定しても、画像の質はわずかに低くなりますのでご注意ください。もしも画像を一回保存しただけですとあまり気づかないかもしれませんが、繰り返しファイルを開いて保存していると、品質が落ちていきます。もしも別のプログラムを使って何回かに分けて作業をするのえあれば、TIFFファイルで保存することをお勧めします。

もしも低画質のJPEGファイルで一度保存してしまうと、高品質のファイルには戻せませんのでご注意ください。

戻る